漂石彷徨



夏の北鎌尾根千丈沢側側稜

母校山岳部の学生N君を伴って北鎌尾根千丈沢側側稜D稜に行く。アプローチに時間を費やし過ぎたことに加え、夜半から降り出した雨が朝まで続き、初登者小森宮章正が絶賛した上部核心を前にしてdルンゼ側に退避せざるを得ず、当初計画した小槍も割愛したことから、心残りの多い山行となった。体力的にも厳しく、気胸の再発が危惧される状態に至ったのは痛恨事。できるだけ早いうちに、北鎌上部からdルンゼに下降して残してきた宿題を片付けに行こうと思う。

1日目・729() 曇時々晴

鍋平駐車場430、新穂高温泉500、白出沢出合615-25、槍平745-55、飛騨乗越分岐905-15、千丈沢乗越945-1000、千丈沢赤岳四ノ沢出合1140-50、六ノ沢「窪」入口1215、藪漕終了1305-20c/dルンゼ出合1410-25d/eルンゼ出合1450D稜取付き1515、(3ピッチ(40m20m15m))1520-1620D稜第4ケルン1820

2日目・730() 雨後曇後雨

D稜第4ケルン540、雨のためdルンゼに退避(2ピッチ(20m20m640、北鎌尾根主稜720-40、右曲点815、北鎌平835、大槍下900-10、槍ヶ岳940-1000、槍肩1015、槍平1210、新穂高温泉1515

e0049213_12023623.jpg
e0049213_12030906.jpg

e0049213_12034371.jpg


[PR]
by tagai3 | 2016-08-11 12:03 | クライミング | Comments(0)
<< 静寂 ワサビ田状態 >>

岩登りについての所感
ライフログ
メモ帳
カテゴリ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧