漂石彷徨



カテゴリ:御岳( 1 )


確認2

 御岳に行く。玉堂美術館前の無料駐車場は工事中で使えなかった。発電所裏の無料駐車場に止めて少し歩いた。8時から3時間程「ハイギョ」を触る。通算7~8回のうち、リップを保持できたのは最初の4回で、時間の経過と共にどんどん悪くなっていった。衰えた持久力の中で最も顕著なのは固めて保持する力だろう。浅指屈筋の強化が課題だ。更にこの課題は数ヶ月前に危険な落ち方をしたところなので、精神的な重圧を感じてしまう。余裕の無い状態で怖いマントルを返せるはずもないので11時には切り上げる。最後に「忍者返し」を触ったがスタートもできない程疲労していた。親切な方がさりげなくスタートの仕方を教えてくれた。この方は落ちた時にも助けてくれた人だ。心の中で感謝。そのムーヴで2回目に登ることができた。この状態では膝でも、踵でも、使えるものは何でも使わざるをえない。傍から見れば安定感のカケラもない酷いムーヴだったに違いないが、今日のところはこれで良しとしておこう。
 帰り際、駐車場近くの中洲ボルダーで「ジャンピングフック」と「レインボーハング」の千本ノックをやる。身体が伸びきった状態からフリクションの利かないスタンスに足を上げる「レインボーハング」のムーヴは、今の自分にとって非常に有益だと感じた。
[PR]
by tagai3 | 2009-02-07 16:34 | 御岳 | Comments(0)

岩登りについての所感
ライフログ
メモ帳
カテゴリ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧