漂石彷徨



未公開エリアのチッピングについて

2月17日(土)

それまでも身に覚えのない苔が剥がされているのを見ていたので、別の誰かがここに来ていることは分かっていた。美観や植生への配慮を欠いた露骨な掃除の痕跡に多少の嫌悪感を覚えながらも、自分の感性とは懸け離れた拙いライン取りから、自分には無関係とさほど気にしていなかった。だが、それが大きな間違いであったことにこの日気づかされた。

滝の裏の一枚岩のやや高めの課題が登れた後、幸福な気分で残雪を踏みながら味噌桶沢出合に来てみると、どうも様子がおかしい。涸れ沢に渡された2本目の橋のたもとにある岩の、景観に配慮して敢えて残しておいた緩傾斜部の苔が無残にも剥がされ、丸裸にされている。そこから右上の斜面上の岩に目をやると、苦労して掃除した3m程の前傾壁の中央部のホールドが不自然に黄色味を帯びていた。近づいてみて愕然とする。指先2本がわずかにかかる程度だった石灰岩特有の針状の突起がなくなり、四本指すべてが第一関節までかかる三日月型のホールドに加工されていた。周囲の円形状のブラシ痕からみても、グラインダーなどで削ったのはほぼ間違いない。指先に穴を開けないように荷重するのが技術的な核心だった。易しくても(1級程度)、それなりにいいラインだったのに、それが永遠に失われてしまった。憤りと同時に言い知れない悲しみがこみあげてきた。

わざわざこんなところまできて、苔を剥ぐ位の人間なら、そこに登られた痕跡があったこと位一目で判別できた筈だ。にもかかわらず、こんなことをするなんて・・・。非公開・未公開であれば何をしてもいいとでも思っているのだろうか。執拗な掃除跡からみて、あるいは自ら公開したい希望を持っているのかもしれないが、低レベルに貶められたチップルートなど、一体誰が触りたいと願うだろうか。如何に軽薄な昨今でも、こんなことは認められないと思うのだが・・・。センスのない名前が付けられて、ある日動画でも公開されるのだろうか。何とも浅ましい。静かな環境が好きで昨年来度々足を運んできた。近いうちに親しい友人たちを案内したいと思っていたが、そんな情熱も急速に失われていくのを感じた。


削られたライン

e0049213_22582630.jpg


[PR]
by tagai3 | 2018-02-19 22:51 | クライミング | Comments(3)
Commented by みやかわ at 2018-02-21 22:02 x
残念です。エリアを見つけて開拓したとなれば、その悲しみは計り知れません。
Commented by まなぶ at 2018-03-05 18:50 x
そういうことだったのですね。
一昨日試験が終わったので、遊んでもらおうかとこちらを覗いたところでした。
ものすごい喪失感が、伝わってきます。
Commented by tagai3 at 2018-03-13 22:45
とても落ち込んでいたので、お二人にお読みいただき、コメントをいただけたことで、かなり慰められました。本当にありがとうございます。別のところで、また遊んでください。
<< ギルの文章 NZ紀行 >>

岩登りについての所感